2018年12月10日 (月)

ベルキューズ7着

>ベルキューズ
>12月9日中山2R・2歳未勝利(牝)D1800m・、タイム1分57秒8(良)で1.0秒差の7着。
>内田騎手「思っていたよりもゲートを出てくれたので少し出したら掛かってしまった。」

いやーまさか牝馬限定で掲示板を外すとは思っていませんでした(>_<)
前半確かに掛かる場面がありましたね。見た目にも判りましたけどそこまで影響が
あるとは思いませんでした。
未勝利はとにかくスローになりますから位置が取れないと厳しいですね。
乗り難しい面があるようなのでもう1度だけ内田Jに乗せてはどうでしょうか。
2度目なら同じ轍を踏まないでしょう、元南関のリーディングジョッキーですからね。
ダートで下手に乗られるとがっかりしますよ。

2018年12月 5日 (水)

在厩馬12/5

>ベルキューズ
>12月9日(日)中山2R・2歳未勝利(牝)D1800mに内田博幸で出走を予定しています。
>助手・12月5日(水)美南W良・4F55.8-40.5-13.3(7分所・強目に追う)

今週はこの1頭です。調教はいつもこんなものでしょう、牝馬限定ですから
前走よりは相手関係は楽になると思います。
スタートからのダッシュがいまひとつなので福島より中山の方が良さそうです。
坂がある方が最後差し届きそうな感じがします。

2018年12月 3日 (月)

競馬場の達人

競馬場の達人に爆笑問題の田中が出演しました。東スポにコラムを持っており
穴予想の参考にしています。エリザベスのクロコスミアは彼の予想に乗りましたが
残念ながら複勝しか取れませんでした(>_<)
番組の中で競馬にはまったきっかけが、オグリキャップが5歳時に秋の天皇賞で
1番人気で負けた時に大負けしたらしく、その後の有馬記念を見て感動、どっぷりと
競馬にはまったようです。
僕と同じなんですよね、同じくらいの時期から競馬を始めています。
ですから昭和最後の有馬記念は見ていません。
今年は平成最後の有馬記念、最後のキーワードは何でしょうか?

今年だけならパワハラが1番話題になりましたね、競馬界ですと外国人Jでしょうか。
昭和最後の有馬記念はオグリキャップとタマモクロスのその年を代表する2頭の
一騎打ちになりましたが、今回はそれはないですね。
アーモンドアイが出走しませんから。ノーザンファームの一人勝ちですから見事に
使い分けをして見たいレースは提供されなくなりました。
1つの牧場が強くなりすぎるとつまらなくなります。
まあ強くなろうとして努力して強くなっているのだから仕方ありませんけどね。
今年の有馬はここ2走本命にしてているキセキを買いたいとこですが、やはり
レコードの反動は気になりますよね。
天皇賞直行組が有利なような気はします。

2018年12月 1日 (土)

出遅れ

出資馬ではありませんが、調教が動いていましたからトゥールナージュが
どれくらいやれるか注目していました。
しかし出遅れましたね、ハッキリと1頭だけポツンとね。
それでも上り最速で6着まで来ましたから能力は高いのは間違いない
でしょう。
それにしてもここ数戦ローレルの出遅れは多い、出遅れた、と見たら
見慣れた勝負服^^; 厩舎が違うのにこのデジャヴの多さは何なんだろう?
来週のベルキューズも出遅れ臭がぷんぷんと漂うなー(>_<)

2018年11月30日 (金)

師走

今週は出走はありません。先週は5頭も出たのに極端です^^;
スティンやジャックが外に出たのでこれからは現地観戦も減るでしょう。
中山に出走予定は今のところベルキューズとローレルリーベだけです。
リーベの日は無理なので今年最後の愛馬観戦は来週となりそうですね。
ブルースカイハーツも年内にもう1走しますが中京ですからね、アランチ
オーネが締め切りになりますね、まあデビューは年明けでしょうけど。

早いものでもう師走です、これからは更に仕事が忙しくなります。
師走の名物レース、ステイヤーズSがありますね、アルバートが4連覇なるか
注目されます。
佐藤牧場生産のララエクラテールが格上挑戦しますが、この特異距離でも
ノーザンファームが多いですね。
G1はノーザンファームが圧勝ですが、ここでも上位を独占されそうですね。
この1強時代は永遠に続きそうで怖いです(>_<)

2018年11月27日 (火)

タコが食べたくなった

今日の「僕らは奇跡でできている」を見たらタコが食べたくなりました^^
そしてこの番組のタイトルの意味が今日の内容で判りました。

犬は分類上ネコ目に属します。犬なのに猫なのです^^;
この話からドラマのタイトルの意味が語られてきます。
今回はちょっと涙腺の弱い人は堪えられなかったでしょう、もちろん僕は
泣きませんけどね^^;

週末の結果

>ローレルヴィクター
>11月24日(土)東京4R・障害未勝利・D3000m・タイム3分25秒0(良)で2.6秒差の7着。
>田村騎手「3馬身くらい立ち遅れてしまいました。敗因の全てと言ってもいいくらいです。
段々とトモに力が付いてきていますから、全体的に飛越は安定していましたし、
最後まで脚も使ってくれています。今の状態なら本場コースでも怖さはないですね。」

出遅れました。次も出遅れるようなら6~8着が定位置の馬ということです。
出遅れないでまともに走ってくれないと実力がよく判りません。ただ馬は少しづつ
良くなってはきているとは思います。

>スティンライクビー
>11月24日(土)東京10R・銀嶺ステークス・タイム1分25秒6(良)で1.1秒差の13着。
>竹内師「それでも次は絞る努力をして使いたいと思います」

期待しましたけどね、敗因は? 太かったのか、ちょっと断定できませんね。
外に出すそうです、次は来年ですね。

>ローレルジャック
>11月25日(日)東京9R・シャングリラ賞・タイム1分25秒6(良)で1.3秒差の9着。

行けなかったですね、やっぱり馬場が重くないとだめなんじゃないですか。前走の
方がぜんぜんハイペースでしたからね。
芝のマイルくらい使ってみてはどうですかね、ハンデ戦ならけっこう粘れるんじゃないかな。

>ダンケシェーン
>11月25日(日)東京9R・シャングリラ賞・、タイム1分25秒1(良)で0.8秒差の7着。

出負けして向う正面で脚を使いましたね、やっぱりスピードはあります。先々は
1200くらいがベストになるかもしれませんね。
これで人気落としてくれれば次は買いですよ。

ブルースカイハーツ 5着

この馬が1番惜しい競馬でした。乗り役の差で5着です。東京の2400で早仕掛け、
大外回しではラスト伸びません。
所属の嶋田君に戻してあげればと思いますけどね、優先があるので次は乗り役を
なんとかして欲しいです。

2018年11月22日 (木)

僕らは奇跡でできている

このドラマ見ている人いるでしょうか? いないですよね。競馬とサッカーや野球
とかはいますけど競馬好きとドラマ好きってまわりにもいませんから^^;
僕はこのドラマの1話を見逃してしまったのですけど、今までの流れから1話の
うさぎとかめの話がけっこう重要だったようです。

主人公は大学で動物行動学の講師をしている相河一輝(高橋一生)でかなりの変わり者、
1話のあらすじを調べてみると、歯医者で小学生の男の子、虹一(こういち)に
「どうしてかめはうさぎに話しかけなかったのか?倒れているかもしれないのに」
と質問され、「考えてみる」と言い、後日、亀を観察して出した答えが
「かめは勝ち負けに興味がなくただ前に進むことが楽しいだけ、かめの視界に
うさぎの姿が入らなかったのかも」と答えた。

うさぎが寝ているのにかめが気づかなかった、というのは共感できるけど、
他の部分はちょっとなー、と言うのが正直なとこ。
まずこのイソップ物語はウサギがカメを君は何でそんなにノロマなんだと、
馬鹿にしたので、そんなことはない、それなら山のふもとまでどちらが速いか
競争しよう、となったもの。
つまりカメは競争を認識している訳で勝ち負けに興味がないというのは違和感がある。
カメは何故うさぎと勝負しようと思ったのか?
そう疑問を持つ人はいるとは思います。

それはですね、カメは自分がノロマだとは思っていないからです。カメの視点から
考えれば普段の狩猟といえば草や野菜、ときには昆虫などを捕獲して食べているわけで
特に自分が遅いという要素は感じられない訳です。
ウサギが速くてカメが遅いのは人間側の主観です。
ところがいきなり現れた生き物にお前はノロマだと馬鹿にされてカチンときたカメは
それなら競争しようということになった訳です。

ところが実際スタートしてみるとウサギは速く、自分が遅いことに気づきます。
しかし勝負を受けた以上、最後まで走らなければと思い、懸命にゴールを目指した
訳です。その際、必死にゴールを目指した結果、木陰で寝ているウサギに気づかなかった
というのが僕の見解です。

このドラマ、視聴率は悪いのですが、けっこう面白いとこありますよ^^

2018年11月21日 (水)

在厩馬11/21

>スティンライクビー
>11月24日(土)東京10R・銀嶺ステークス・3歳以上1600万下(H)D1400m
(フルゲート16頭・想定20頭中トップハンデ上位3頭優先・抽選対象)
>助手・11月21日(水)美南W良・6F84.5-68.3-53.1-39.4-13.5(5分所・直強目追う)

トップハンデ3頭に優先があるんですよね、出れない目も3割弱くらいありますね。
元々1400から1600くらいの馬だと思っていたので中山よりはここを使いたいですね。
 
>ローレルジャック
>11月25日(日)東京9R・D1400m(フルゲート16頭・想定28頭中13番手・出走可)
>ペイシャシキブ(新馬)一杯の外0.4秒遅れ

除外候補と思ったら出れそうですね、でも新馬に遅れとは^^;

>ローレルヴィクター
>、11月24日(土)東京4R・障害未勝利・D3000mに田村太雅で出走を予定しています。
>田村・11月21日(水)栗CW良・6F81.7-66.4-53.8-41.1-13.7(8分所・稍一杯に追う)

予定を変更して東京です。器用さに欠けるので東京は合うかもしれません。
調教タイムが良くなってきてますよね、もう後がありませんから掲示板には
来ないとね。

>ローレルリーベ
>12月28日(金)中山10R・立志ステークス・D1800mに嘉藤貴行で出走を予定しています。

金曜だもんなー、行けないなー、残念(>_<)

>ダンケシェーン
>11月25日(日)東京9R・シャングリラ賞・D1400mに横山典弘で出走を予定しています。
>西谷・11月21日(水)栗CW良・6F84.3-67.9-52.8-39.2-12.1(7分所・一杯に追う)

1本足りないかな、と思いましたが調教は動きますね。けっこう強そうなメンバーが
登録してますからね、ここはあっさりとは思っていませんが距離的にもこのくらいが
良さそうなので掲示板には来るでしょう。
できれば優先のある3着以内が欲しいですね。

>ベルキューズ
>12月9日(日)中山2R・2歳未勝利(牝)D1800mに内田博幸で出走を予定しています。
>武井師「限定戦なら結果に繋げたいですね」

限定戦ならもう少しやれると思います。出足が鈍いから最後に坂のある中山の方が
差し届きやすいでしょう。仕事でなければ観に行きますが、まだ判りません。

2018年11月19日 (月)

ベルキューズ5着

>ベルキューズ
>11月18日(日)福島1R・2歳未勝利・D1700m・タイム1分48秒7(良)で0.7秒差の5着。

松浦牧場のグレートバニヤンには勝てないかもとは思いましたが、3着には
来れると思いましたけどね。
スタートからのダッシュ力に欠けるのか位置が取れません。あの競馬だとよほど
メンバーが弱くならないと勝てませんね。
もう少し前目で競馬ができるようにならないと。

>【出走予定】
>スティンライクビー
>11月24日(土)東京10R・銀嶺ステークス・3歳以上1600万下(H)D1400mに江田照男53.0kgで出走を予定しています。
>ローレルジャック
>11月25日(日)東京9R・シャングリラ賞・3歳以上1000万下・D1400mに松岡正海で出走を予定しています。
>ダンケシェーン
>11月25日(日)東京9R・シャングリラ賞・3歳以上1000万下・D1400mに横山典弘で出走を予定しています。

今週は3頭予定していますがダンケシェーンは出れると思いますが、スティンは一応抽選ですね。
出れる確率の方が高いですけど。
ジャックはおそらく除外だと思います、ちょっと登録が多すぎです。

«クイックピック

無料ブログはココログ